KAZI
KAZI2018年10月号
前号次号
もくじ

夜の海を走る

KAZI 10月号(2018年9月5日発売)
A4判・平とじ/価格:本体1,048円+税

KAZI表紙

■特集内容

特集見開き
知識があれば怖くない!

夜の海を走る

幻想的な、夜の海へ。
コンパス表示だけが光るデッキの上で、五感は研ぎ澄まされ、
バウが波を切る音が、いつもより大きく聞こえる。
海面には、月明かりがつくった光の道が水平線まで続く。
昼とはまったく違った魅力を見せる夜の海だが、 常に“見えない”という不安がつきまとう。
夜間航行に必要な知識や、 備えておきたいアイテムを紹介します。

■特集2

044|練習帆船〈みらいへ〉環境調査クルーズ
帆船ダイビングに行ってみた!(後編)
特集2

050|Sail to TOKYO 2020
セーリング世界選手権で
吉田 愛/吉岡美帆が金メダル!

特集2

■別冊付録

YBMでボート・ヨットを楽しく学ぼう!

艇置だけでなく、ボート・ヨットの魅力を多くの人々に伝える取り組みにも力を注ぐ、日本最大級の規模を誇る「横浜ベイサイドマリーナ」。
充実したビギナー向けプログラムの内容と、その楽しさをお伝えします。

カジ9月号付録

■TOPICS

019|Photo news around the world
   「イケル・マルティネスのナクラ17 不正問題」
164|FROM THE FRONT LINE(世界のニュース最前線)

■BOATS & BUILDERS

061|AVA & XS Ribs 最新RIB4モデルを乗り比べ!
066|沖縄・伝統帆装漁船 サバニ、そのテクノロジー
086|ヨコハマフローティングヨットショー告知
126|ヨットデザイナーの履歴書
   「ニッポンチャレンジ アメリカズカップ1991(8)」

今月の艇紹介
074|Sailboat「バヴァリア・クルーザー34」
080|Powerboat「ジャック72」

■RACE

038|全国高等学校ヨット選手権(インターハイ)
056|西村一広の新・アメリカズカップ日記
   「AC75テストボート進水&ETNZの秘密」
130|クリッパー・ラウンドザワールドレース挑戦記「レース参戦編」
134|レースインフォメーション
   「トランスサガミヨットレース」
   「国際交流日本ジュニアヨットクラブ競技会」
   「東日本医科学生総合体育大会ヨット競技」

■CRUISING

 

■GOODS

141|海モノ語り「廃版海図扇子」

■HOW TO

108|短期集中連載・最終回|草レーサーのためのセーリングクリニック
   「スタートとダウンウインド、総括」
112|外洋ヨットの安全談議|過去に学ぶ外洋艇の安全物語(1)
116|きらきら丸のクルージング三昧|入梅前に関東を通過したい
120|青木 洋が考察する長距離航海の技術|乗組員の安全確保(1)
124|SPEED&SMARTS 〜ヨットレース勝利の方程式
   「レースコミティーから得られる情報(3)」

■ESSAY & STORY

021|ハラケン’S BAR「En el Cabo de Hornos」
089|新・水夫は見た!!
091|高槻和宏「海(ココ)だけの話」
093|吉田拓生「三浦半島の南端から」

■その他

022|BULKHEAD magazine Regatta gallery
094|雪乃さやかのマリン業界お仕事訪問
   「牛窓/ザ・ホテル リマーニ&スパ(中編)」
100|理想のヨットライフを探せ!
   「理想のスタイルは見つかった?中間まとめチューネン談議(前編)」

ほか
  ・ヨット美人発掘委員会 〜海の南ちゃんを探せ!
  ・ニュース&トピックス
  ・スナック Kazi(読者のページ)
  ・海の告知板(売りたし買いたし)
  ・巻末付録「マリングッズカタログ」

NEXT ISSUE

KAZI 2018-11月号 予告(2018/10/5 発売)

本来なら廃船となっておかしくない、船齢の古いフネをきれいに修繕する人たちがいる。そこには、その手間や労力に見合う、喜びがあるのかもしれない。
日本各地のレストア艇と、その持ち主を訪ねた。