舵社
 
ご注文はこちらから
 
 
外洋ヨットによる長距離航海の技術

インナーセーリング4

青木 洋(著) 平野 游(イラスト)

インナーセーリング4
  • 書籍
品番:1052
価格:1,980円(税込)
A4判、104頁(フルカラー)
2021/07 発売
ISBN 978-4-8072-1052-7

■内容

中級セーラーに向けた長距離航海の指南書

月刊『Kazi』誌に2017年から2020年にかけて連載された、『長距離航海の技術』に大幅に加筆修正した、長距離航海を志すセーラーの指南書が、好評を博してきた『インナーセーリング』シリーズの最新刊として登場。 筆者は、日本を代表するヨットスクールの校長であり、自らも1960年代に自作木造艇で世界一周を成し遂げた青木 洋氏。 単なる技術解説にとどまらず、セーラーとしての心構えなどにも触れた、類を見ない一冊となっている。

■もくじ

1章 サバイバルセーリングの技術
  • ヨット乗りの二大恥
  • セーリングの基本を習得する
  • まず100時間のシングルハンド練習に取り組む
  • 素直な性格の小型艇を選ぶ
  • サバイバルセーリングの技術
  • セーリングで対処する
  • セーリングでスピードを維持する
  • 100時間シングルハンド練習
    ──ほか
2章 乗員の安全確保
  • 船酔いを避ける
  • 落水に備える
  • ライフジャケットの選びかた
  • セーフティーラインの選びかた
  • セーフティーラインの長さ
  • セーフティーラインを使うとき
  • ハーネスホルダーを設置する
  • ジャックラインを装備する
  • セーフティーラインの問題点
    ───ほか
3章 離着岸とアンカリング
  • アンカーの特性と選び方
  • アンカリングと槍着けの手順
  • アンカーロードの選び方
  • アンカーロードのスコープ
  • 揚錨の手順
  • 出入港の五つのマナー
  • 岸壁への横着け係留の手順
  • 風位によって使い分ける岸壁からの離岸法
    ──ほか
4章 外洋航海に適した船
  • 外洋艇の性格と見分け方
  • ハルの形状とヨットの性格
  • フネの癖は運動性能に現れる
  • リグ(帆装)の種別による特色
  • セーリング中の艇の運動
    ──ほか
5章 船の修理、メンテナンス
  • 洋上での応急修理
  • ガソリン船外機の予備部品と修理法
  • ディーゼル船内機の予備部品と修理法
  • エンジン応急修理用の工具
  • 船底塗装の目的 プロペラ用塗料の特徴
  • 塗装用具の準備と作業上の注意
    ──ほか
6章 ナビゲーション(航海術)の基本
  • 航海計画とナビゲーション
  • GPSを搭載していても座礁は起きる
  • カーナビで沖縄まで航海できる?
  • チャートプロッティングの用具をそろえる
  • 航海計画は、まずチャート(海図)から 寄港地を選定する
  • チャート上にコースをプロット(作図)する
  • 変針点(ウェイポイント)を設定する
    ──ほか
7章 長距離航海の計画
  • 北太平洋のセーリングルートを調べる
  • パイロットチャートの利用方法
  • パイロットチャート内の記載事項
  • パイロットチャートから恒常風帯を見つける
  • 最適な出航時期とルートを選定する
  • 北米西岸からの復航ルートと時期を検討
  • パイロットチャートから復航ルートを選定する
  • 最適なセーリングルートを選定する 出航時期を定める
  • 長距離航海時におけるクルージングスピードの目安
    ──ほか
このページの上へ移動