●国際VHF
 

船舶相互や港湾、航路の管制局、海上保安庁等と直接行交信が可能な国際VHF無線。
大型船では国際16チャンネルの受信が義務づけられています。
国際VHFは目の前の大型船や海上保安庁、海上交通センターにダイレクトに連絡をとることができます。

海上の安全に役立つ国際VHFですが、これまでは国内の基準にあわせた高額な無線機を購入するか、海外向け製品を輸入して煩雑な検査・手続きを経て開局するしかなく、一般のプレジャーボートには敷居の高いものでした。


2009年10月の制度改正によって、海外向け製品と同等の仕様でも技術基準適合証明(技適)が受けられるようになりました。
これにより価格を大幅に抑えた無線機で、アマチュア無線並みの簡単な手続きと費用で国際VHFの船舶局が開局できます。 
また、技術基準適合証明を受けた5Wハンディ機は5年ごとの検査も不要となりました。

●国際VHFは船舶の無線局です。無線局免許は船舶に対して発行されます。
 したがって、船舶を持っていない方は無線局を開局することはできません
 また、ハンディ機であっても、船を降りての使用や、他の船での運用はできません

●海外からの輸入無線機では、簡略化した手続きでの開局申請はできません。

運用には、運用者の資格である第3級海上特殊無線技師以上の「無線従事者免許証」と船舶無線局の「無線局免許状」が必要です。

●船舶の「無線局」の免許
船舶局免許申請には次の書類と印紙代7,100円(5W機)、10,000円(25W機)が必要です。
また、年間400円の電波使用量が必要です。
・無線局免許申請書(無線局の種類、申請者等を記入) 
・無線局事項所及び工事設計書(使用する機種や周波数、電波種類、船舶名等を記入)
・無線従事者選任書(資格を持った運用者を記入)
・船舶検査証のコピー

開局申請手続きの詳細、申請書ダウンロードは下記サイトより可能です。

バーテックススタンダード(ワイズギア)
アイコム株式会社サイト

舵社用品事業部からご購入いただいた場合は、無料で申請用紙の記入サービスをさせていただきます。
無線機のご購入時に、あわせてお申し込みください。

 


バーテックススタンダード・国際VHFハンディトランシーバー

ブルーウェイブGPS


DSC機能がついたハンディ国際VHFマシン。万一水に落としても浮く構造で安心

GX1100J


25W機でいちばんリーズナブル。荒天の中でも安心して使えるIPX7相当の防水機能

アイコム・国際VHFハンディトランシーバー

IC-M36J


万が一水に落としても浮く、フロートタイプのトランシーバーのベーシックモデル 。
オプションの電池ケースを使えば、電池での運用が可能

IC-M72J


ボディはM36よりもコンパクトで、防水強化されています。ロングライフバッテリーの採用で、長時間運用が可能